1. ホーム
  2. MR認定制度について
  3. MR認定証の更新
  4. MR認定証の更新条件

MR認定証の更新条件

MR認定証の更新条件

MR認定証の更新条件

MR認定証の有効期限は5年間です。
更新するためには、MR認定証の有効期限の前年3月31日までの5年間に教育研修を受講し、修了認定を受け、有効な更新時確認ドリルを修了していることが条件です。

継続教育は生涯教育の一環をなすものと位置づけられ、日進月歩する医療業界の中で、新しい情報、知識を修得するために製薬企業またはCSO(MR派遣業)で継続的に行われているものです。
継続教育を所定の5年間受講し、常に新しい情報や正確な知識の修得を行っていることが、大切です。

更新時確認ドリルは、MR学習ポータルを用いて受講する継続教育の基礎教育の習得度を評価するコンテンツです。
退職した方やMR職を離れた方もこのドリルの修了によりMR認定証またはMR基礎教育限定認定証(以下「限定認定証」という)への更新資格が得られます。
また、認定証の有効期限が過ぎて4年以内であれば、受講ができます。
しかし、受講の修了は受講した年度内のみ有効で、年度が変わった場合、再度受講する必要があります。

認定証は正規の認定証と限定認定証の2種類があり、認定研修の5年度目の継続教育の実務教育が未修了の場合は、限定認定証での更新となります。限定認定証は製薬企業などに就職し、MR復帰プログラムを修了することにより、正規のMR認定証に変更することができます。