1. ホーム
  2. MR認定制度について
  3. MR認定証の更新
  4. MR学習ポータル

MR学習ポータル

1.MR学習ポータルとは

 MRに対する教育研修は、基礎教育と実務教育に分かれています。基礎教育は、MRが医薬品の適正使用情報の提供・収集・伝達を行うために必要な基礎的知識を習得・維持する教育研修と定義され、学習教材はMRテキストです。基礎教育の内容は導入教育で学ぶ知識ですが、これを維持・向上するために継続教育でも基礎教育を毎年学習する必要があります。
MR認定センターは、MRが継続教育の基礎教育を個人で学習でき、MR認定証の更新を行えるツールとしてMR学習ポータルを作成し、提供しています。
なお、実務教育は、MRが患者志向に立ち医療関係者から信頼されるパートナーとして必要な実践的資質を習得するための教育研修で、企業に所属しなければ受講できませんので、ご注意ください。

2.利用申し込み

 企業に所属していない個人の方は2021年8月から利用が可能になります。恐れ入りますが、MR認定センターホームページでご案内しますので、しばらくお待ちください。

3.利用方法と金額

 MR学習ポータルは4月1日から翌年3月31日までの1年間利用できます。この期間の途中から申し込まれても、利用できる期日は申し込まれた年度内の3月31日となります。引き続き継続してご利用になる場合は、再度お申し込みが必要となります。
MR学習ポ―タルの年間利用料は、1人2,070円(税込み)です。

4.MR学習ポータルに搭載されている機能

 MR学習ポータルには、主に次の5つの機能が搭載されています。

➀MRテキスト電子版
 基礎教育の学習範囲であるMRテキストの電子版4冊がすべて閲覧できます。
➁基礎教育年次ドリル
 毎年の継続教育の基礎教育の内容を学習するためにドリル形式の問題を搭載しています。3科目合計270問を全問正解することで当該年度の継続教育が修了認定されます。
➂教育履歴の確認
 MR認定証の更新は、有効期限の前年度までの5年間の導入教育または継続教育が修了認定されている必要があります。MR学習ポータルからこれまでの教育研修の履歴を確認することができます。
➃更新時確認ドリル
MR認定証または限定認定証を更新する際は、基礎教育の知識レベルに到達していることを確認するために、更新時確認ドリルを全問正解する必要があります。毎年基礎教育を修了している方はドリルの出題数は24問ですが、1年以上基礎教育に未修了年度がある場合は、ドリルの出題数は540問になります。
➄写真サイト
MR認定証の更新の際に、」認定証に掲載される写真を自らアップロードして更新手続きができます。

5.MR学習ポータルの利用

 MR学習ポータルは、MRの継続教育の基礎教育を支援することを目的としたものですから、現在MR認定証を保有する方、MR認定証の交付を受けたことがある方あるいは過去に導入教育を受講した方でなければ利用できません。

6.無料で利用できる機能

 MR学習ポータルに搭載されている機能」で紹介した5つの機能すべてを利用する場合は有料ですが、➂教育研修履歴の確認のみを利用する場合は無料で利用可能です。2021年8月から利用可能となりますので、しばらくお待ちください。