1. ホーム
  2. 個人情報保護について

個人情報保護について

公益財団法人MR認定センター(以下「センター」という。)では、個人情報保護に関する基本理念と基本方針を制定しています。この基本理念に従い、取り扱う個人情報を、個人情報の保護に関する法律、およびその他の関係法令に基づき、以下の通り適正に管理します。

個人情報の収集について

個人情報の利用目的を明らかにし、本人の意思で提供された情報を取り扱います。
センターの業務に関連して教育研修システムや教育研修施設の認定を受けた企業から提供される個人情報は、本人との間で情報提供の意思確認がされているものとして取り扱います。サポートセンター等への問い合わせに際しては、お問い合わせ内容の正確な把握とサービス向上の目的で、問い合せの内容や氏名等を記録することがあります。

利用目的及び提供の制限について

提供された個人情報は、利用目的の範囲内でのみ利用します。
センターが取り扱う個人情報は、センターの業務遂行に必要な場合並びに法令等の定めに基づく場合を除き、個人情報を第三者に提供・開示することはありません。

個人情報の管理について

個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩を防止するための、厳重なセキュリティー対策を行います。個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、組織的・人的・物理的及び技術的な安全管理措置を講じます。センター業務に必要な範囲内で個人情報の取り扱いを外部業者に委託する場合は、必要かつ適切な範囲で委託先の監督を行います。

保有個人情報の取り扱いと利用停止等について

個人情報の取り扱いについてご本人から苦情を受理した場合は、事実を調査した上で、誠意をもって対処するよう努めます。ご本人から情報の開示、訂正、利用停止等を求められた場合は、速やかに本人確認の手続きを経て、合理的な範囲で対応します。

特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針

公益財団法人MR認定センター(以下「センター」という。)では、以下のとおり特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針を制定しています。

関係法令・ガイドライン等の遵守
センターは、「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号法)」及び「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」を順守して、特定個人情報の適正な取扱いを行います。

安全管理措置に関する事項
センターは、特定個人情報の漏えい、滅失又は毀損の防止、その他の個人番号の適切な管理のため、「特定個人情報取扱い規程」を定め、これを遵守します。

継続的な改善
センターは、特定個人情報の取扱いを継続的に改善するよう努めます。