1. ホーム
  2. MR認定センターとは
  3. MRとは

MRとは

MR とはどんな仕事をする人?

MR(Medical Representatives)は、製薬企業の営業部門に所属しています。最近では、人材派遣会社から派遣されて製薬企業で働いている人もいます。

MRの仕事は医療機関を訪問することにより、自社の医療用医薬品を中心とした医薬情報(医薬品およびその関連情報)を医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師など)に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ること、使用された医薬品の有効性情報(効き目や効果的な使い方)や安全性情報(副作用など)を医療の現場から収集して報告すること、そして医療現場から得られた情報を正しい形で医療関係者にフィードバック(伝達)することなどを主な業務としています。

※医療用医薬品とは、病院や診療所で医師の処方箋によって使用される医薬品のこと。これに対し薬局などで処方箋無しに購入できる医薬品のことを一般用医薬品といいます。

情報の提供・収集・伝達 訪問(面談)医療情報の提供・伝達 医療品の適正使用 有効性・安全性情報 有効性、安全性情報の収集

MR はどのような役割が期待されている?

MRの使命は、医薬品の適正使用のための情報の提供・収集・伝達を通して、自社医薬品を普及させることです。
医薬品は、それを必要とする患者に適正に使用されなければなりません。そのための情報提供活動を担っているのがMRです。

MR は社会貢献のできる職業

製薬企業は、すぐれた医薬品を開発して医療に提供し、患者さんの疾病の治療、健康の維持などに貢献するという社会的な使命を負っています。

したがって、企業に属する MR は先に示した「医薬品の適正使用のための情報の提供・収集・伝達」という業務を行うことが社会的使命であり、その使命を果たした結果として「自社医薬品の普及」という業績が得られることになります。

MR は、医薬品の情報活動を通して患者さんの健康に寄与することができる(社会貢献できる)仕事で、法律上でも認められているやりがいのある職業なのです。

医薬情報担当者とは、医薬品の適正な使用に資するために、医療関係者を訪問すること等により安全管理情報を収集し、提供することを主な業務として行う者をいう。

「医薬品等の製造販売後安全管理の基準に関する省令」
(厚生労働省令第135号)より