1. ホーム
  2. MR認定制度について
  3. MR認定試験の受験
  4. 受験からMR認定証交付までの流れ

受験からMR認定証交付までの流れ

登録企業在籍者・在籍していない方、どちらに属しているかによって、受験からMR認定証交付までの流れが異なります。

ご自身がどちらに属するか分からない方はこちらを参照ください。

登録企業に在籍していない方
受験資格を得るために、教育研修施設にて基礎教育を300時間受講する必要があります。
MR認定試験合格後、製薬企業またはCSO(MR派遣業)に入社し、実務教育150時間と実務経験(MR経験)6ヵ月を修了することで、MR認定証の取得条件を満たします。
なお、登録企業に在籍していない方は、認定証の申請はご自身で行うこととなります。


登録企業在籍者
製薬企業またはCSO(MR派遣業)に入社し、MRになるための導入教育を受講し修了認定することで受験資格が得られます。
MR認定試験合格後、6ヵ月間の実務経験(MR経験)を修了することでMR認定証の取得条件を満たします。
登録企業に在籍している方は、受験申請および認定証交付申請は、企業の教育担当者が行うため、個人的に申し込むことはできません。