1. ホーム
  2. MR認定制度について
  3. MR認定試験の受験
  4. 教育研修施設

教育研修施設

平成20年度から、製薬企業やCSO(MR派遣業)に入社する前の社会人(原則4年制の大学卒以上※1)を対象に、導入教育の一部である基礎教育(300時間)を教育研修施設で実施することができるようになりました。
この基礎教育を修了するとMR認定試験の受験資格が得られます。

下記の教育研修施設は、社会人を対象にMR導入教育基礎教育を実施することができます。詳しくは下記施設にお問い合わせください。

MR認定証は、MRとしての最低限の基礎教育やスキルと倫理観を備えていることを証するものです。
従って、基礎教育を修了し、MR認定試験に合格しただけではMR認定証は交付されません。
MR認定証の交付には、導入教育を修了し、MRとして6ヶ月間の実務経験が必要となります。
基礎教育を修了しMR認定試験に合格された方は、製薬企業に就職して実務教育(150時間)を修了すると導入教育を修了したことになります。

合格証の有効期限は、5年間です。その間に実務経験(MR経験)6ヶ月を修了し、MR認定証の発行をしなかった場合は、有効期限後再受験となります。

※1:1. 学校教育法に基づく大学(ただし、短期大学を除く)を卒業した者。海外における大学卒業者を含む。
   2. 短期大学(高専・専修学校卒業者を含む)後、企業において2年間就業した者
   3. 高等学校卒業後、企業にいて4年間就業した者
   4. 1.~3.に該当する者と同等以上の知識を有するとセンターが認めた者

社会人を対象にMR導入教育基礎教育を実施できる教育研修施設
 株式会社医薬情報教育研究所
 東京都品川区東五反田1-7-11 アイオス五反田アネックス209号
 電話 03-5798-7828