1. ホーム
  2. 知的財産権の取り扱い

知的財産権の取り扱い

MR認定試験問題およびMRテキストに関する知的財産権の取り扱い

公益財団法人 MR認定センター

【主旨】

公益財団法人MR認定センター(以下「センター」)は、知的財産権を保護し正しく運用するために、以下のとおり運用ルールを定めています。
MR認定試験問題およびMRテキストから引用・転載等をする際はご留意ください。

【知的財産権の帰属】

  1. 試験問題
    著作権は、センターが保有します。
  2. MRテキスト
    著作権は、執筆者が保有します。
    編集著作権は、当該テキストの出版社が保有します。
    出版権は、センターが保有します。
    MRテキストを二次的利用する場合は、センターと出版社で協議します。

【試験問題・テキストの複製について】

試験問題およびテキスト(含む図・表)(以下「本データ」)の内容の一部をコピー、スキャン、デジタルデータ化などの複製行為を無断で行うことは、著作権法上での限られた例外(私的使用のための複製等)を除き、禁じられています。

【図表等の転載について】

本データを無断で転載することは固く禁じます。転載を希望する場合は、事前にセンター宛てに転載許諾を得るとともに、次の点に留意してください。

  1. 図表を改変しないこと
  2. 出典ならびに図表番号を掲載すること
  3. 転載にあたっては、別に定める利用料を支払うこと

【本データの利用について】

本データを利用した二次的著作物を無断で制作することを禁じます。本データの一部を利用して出版物および教育研修用資材ならびに電子媒体のコンテンツ等を制作・頒布する場合は、事前にセンターに利用許諾を得るとともに、別に定める利用料をお支払いください。

  • 許可条件
    本データの利用許可条件を次のとおりとします。
    1. 事前申請によって許諾を得ること
    2. 公序良俗に反しないこと
    3. 利用目的を明確にし、申請した利用目的以外に用いないこと
    4. テキストを複製して利用しないこと
    5. 年1回販売実績を申告すること
    6. 制作した二次的著作物を見本として2部提出すること
      (電子媒体の場合は、アクセス権を提供すること)
    7. 制作した二次的著作物の表紙、奥付等に本データを利用し作成した旨を表示すること
    8. 別に定めた利用料を支払うこと
    9. 図表を転載する場合は、別途利用料を支払うこと
  • 二次的著作物等と判断される例
    1. テキストの内容を要約したもの、講義用スライド、テキスト本文を穴埋め形式にした確認テスト問題、過去問題集等
    2. MR認定試験対策模擬試験等で用いるテスト問題
    3. 電子媒体に加工したe-learning用コンテンツおよびテスト問題
  • 留意事項
    1. 企業等から受託して制作する二次的著作物についても、事前申請による許諾と利用料の支払いが必要になります。
    2. 無断で二次的著作物を制作し頒布した場合は、別に定めた利用料に上乗せした額を、初版から遡って請求します。