1. ホーム
  2. MR認定制度について
  3. MR認定証の更新
  4. Nikoサービス

Nikoサービス

Nikoサービス MR認定証の更新条件確認メールサービス

MR認定証を更新するためには、製薬企業やCSO(MR派遣業)などで行う継続教育を5年間分修了していることが条件となります。継続教育の修了は所属の企業がMR認定センターに直接報告するため、MR個人が教育履歴を確認することができません。
Nikoサービスに登録することにより、MR認定証の更新条件(教育履歴)をメールで得ることができます。

Nikoサービスの内容

  • 5年間の継続教育の履歴を、任意のタイミングでメールにて確認することができます。
  • 年2回自動的に継続教育の履歴を発信します。(5月は登録者全員、9月は対象者のみ)

登録条件

  • 有効期限内のMR認定証を持っている方
  • 有効期限が過ぎてから1年内のMR認定証を持っている方
    ※Nikoサービスに登録後、上記条件を満たさなくなった際には登録が解除され、利用できなくなります。

登録までの流れ

「Nikoサービス」ボタンをクリック 登録フォームを入力 仮登録のメールが届く 仮登録のメールから正式登録を行う 登録完了のメールが届く

※仮登録の有効期限は1日です。期限が過ぎた場合は、再度仮登録をしてください。

更新条件の確認

Nikoサービスにログイン → 更新条件(教育履歴)の送信ボタンをクリック → 更新条件(教育履歴)がメールで届く
※ログイン時点での最新の教育履歴が送信されます。

教育履歴について

教育履歴は、年度単位で管理されています。
4月1日~翌年3月31日を一年度としているため、5月のゴールデンウィーク明け頃に教育履歴の更新が行われます。

その他・注意事項

  • メールアドレスが変更になった場合、Nikoサービス画面より変更手続きを行ってください。
  • 氏名が変更になった場合、Nikoサービス上から変更はできません。
    製薬企業などに在籍している場合は、企業経由で氏名変更を行ってください。
    製薬企業などに在籍していない場合は、センターへ変更届書と身分証明種類※1のコピー1種類を同封の上郵送してください。センター側でシステムの登録氏名を修正した後、ご本人へご連絡いたします。
  • 迷惑メールの設定を行っている場合は、「mr-online.jp」ドメインを受信登録してください。
  • メールは確実に届く保証がされているものではありませんのでご注意ください。メールのお知らせ未達、遅延などに伴う事項に関しては、センターでは一切責任を負いません。
  • MR認定証の更新や補完教育に関する封書などは、センターから個人宛にはお送りしていません。
  • 各自で定期的にホームページを見るなどし、管理するようにしてください。

    ※1:運転免許証、住民基本台帳カード、各種健康保険証、その他公的機関が発行する証明書必ず、氏名と生年月日の記載があるもの。
       苗字の変更が記載されているもののコピー(例えば、運転免許証の裏書きの様に新姓、旧姓の両方が記載されているもの)

Nikoサービスはこちら