1. ホーム
  2. MR認定制度について
  3. MR認定証の更新
  4. 受講内容

受講内容

補完教育は、インターネットに接続したパソコンを利用し、ドリルで学習した後にテスト(試験)で知識を確認するものです。
ドリルとテストの進め方について、詳しくは出題方法と合格基準を確認してください。

科 目

3科目   医薬品情報  疾病と治療(基礎・臨床)  医薬概論
※医師、歯科医師、薬剤師も3科目受講になります。

範 囲

2016年度補完教育

  • MRテキスト I  医薬品情報 2012 2015年改訂
  • MRテキスト II 疾病と治療 2012 (基礎) 2015年改訂
  • MRテキスト II 疾病と治療 2012 (臨床) 2015年改訂
  • MRテキスト III 医薬概論 2012 2016年改訂

正誤表はこちら

2017年度補完教育

  • MRテキスト I  医薬品情報 2012 2015年改訂
  • MRテキスト II 疾病と治療 2012 (基礎) 2015年改訂
  • MRテキスト II 疾病と治療 2012 (臨床) 2015年改訂
  • MRテキスト III 医薬概論 2012 2017年改訂

正誤表はこちら

レベル

MRとして共通に備えなければならない知識レベルです。

内 容

問題数は補完年数※1に応じて増えます。

補完年数 ドリル問題数 テスト問題数 受講期間
1年 240問 120問 ID・パスワード発行から18週間
2年 330問 160問
3年 420問 210問
4年 510問 250問
5年 600問 300問

※1:補完年数とは、MR認定証の更新に必要な認定研修5年間のうちの、空白年度を補う年数です。
   教育研修は年度ごとに修了認定を行っていますが、4月1日~翌年3月31日の研修を修了できなかった場合は、
   空白年度1年となります。
   例えば5年間の教育研修のうち、1年間空白年数があればドリル問題数は240問、テスト問題数は120問となります。
   ご自身の教育研修履歴はNikoサービスよりご確認ください。

ドリルの実施時間と回数

各ドリルの実施時間と回数の制限はありません。何回でも実施できます。

注意事項

  • スマートフォン、タブレットPC、携帯電話などの携帯端末からは受講できません。
  • 受講者登録は、受講対象者本人が行ってください。
  • 補完教育は、必ず受講対象者本人が実施してください。
  • 他人と答え合わせなどはしないでください。(共同学習禁止)
  • 問題の漏えいは禁止します。
  • 不正行為が認められた場合、MR認定証の更新はできません。
  • 受講者登録が完了し、ID・パスワード発行後は、キャンセルできません。
  • 原則、振込みされた受講料は返金しません。